ステップステップ

Just another WordPress site

主人公のコナンは、ニヒルな笑みから様々な表情を見せてくれる

名探偵コナン「ゼロの執行人」は、コナン映画史上最高傑作の観客動員数を得た作品です。安室透としてもバーボンとしてでもなく、公安警察官の降谷零としての彼が多く垣間見られ、安室の女とまで言われるファンが出現中です。降谷さんの相棒とされる風見さんの登場も多かったところが良いです。
コナン君の協力を得るために、毛利小五郎を容疑者に仕立て上げ、コナンのスマホをハッキングしてテロの原因を探るなどしますが、ちゃんと毛利小五郎を釈放しようと考えていたり、自分の白い愛車でコナンを助けたり、腕に怪我をしながらコナンを抱えたりと、国のことを第一に考えて動くけれど、警官らしい行動をし、誰かを犠牲にしてまで事を起こそうしていないところが好きです。
何でこんなことするんだとコナンが安室さんに問い詰めたシーンの安室さんの表情と、蘭姉ちゃんのためなら君は何でもするねと安室さんがコナンに言った時の表情に、バーボンの姿を垣間見た気がします。人間離れしたドライブテクを披露し、コナンに向かって僕の恋人はこの国さと言った時は、多くのコナンファンのハートを打ち抜いたと思います。今度は僕に協力してもらうよと言ったコナンもカッコよかったです。
あのトリプルフェイスの降谷さんに、なんて子だとまで言わせるコナンの頭脳はすごいと思います。逃げる犯人を2人で追う共闘作業も良いコンビタッグを思わせます。福山雅治さんが歌う、トリプルフェイスの彼そのものを表した歌詞がすごく良く、映画終わりのエンドロールでは、映画の余韻にどっぷり浸れます。主人公のコナンと同じくらい安室さんは映画内で登場し、ニヒルな笑みから様々な表情を見せてくれるので、安室さんに興味がなかった人でも、男女問わず安室ファンになること間違いなしです。

ワキガクリーム安い

 

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2018 ステップステップ

テーマの著者 Anders Norén