ステップステップ

Just another WordPress site

「コードブルー劇場版」☆10お勧めできます

フジテレビで10年前のシーズン1から始まり、昨年シーズン3が放映されたドラマの劇場版。ドラマの大ファンだった者には公開が楽しみで仕方ありませんでした。
メインの5人のフライトドクターとフライトナース…顔色一つ変えず淡々とその見事な腕前で治療にあたる藍沢先生。悩みながらも常に周りのことを思い、現場では大いなるリーダーシップを発揮する白石先生。クールなようで実は熱いハートの緋山先生。始めは落ちこぼれだったのに、今はすっかり頼れる、心優しき藤川先生。厳しいながらその知識とスキルに誰もが信頼を寄せる冴島ナーズ。それぞれ見た目は昔とちっとも変わらないのに、随分成長したものです。またシーズン3ではどうにも頼りなかった3人のフェローたちもすっかり医師らしくなっていました。誰も辞めることなくフライトドクターを続けていたことにホッとしました。
それぞれがとても魅力的なキャラクターに描かれていると思いますし、キャステイングもこのメンバー以外ではこのドラマ・映画は成功しなかったのではないかと思うくらい、皆さん良く演じてらっしゃったと思います。
今回の映画に描かれていたのは「愛」「絆」といったものだったように思います。余命わずかとなった女性と婚約者の惜しみない愛。だらしなくて軽蔑していた母親を、それでも憎み切れず心配してしまう、許しの愛。
そして何より、メンバーたちのそれぞれを思う友情、絆。特に、昔はクールで人のことは構わない、自分さえよければいいといった感じの藍沢先生が、他のドクターたちを心から信頼するようになっていたところ、「お前らが家族みたいなもんだ」と彼がいったことは感動的で、その絆の深さが感じられました。
藤川先生と冴島ナースの結婚式を病院の皆が開いたあたりから最後のほうまでは、泣けて泣けてなりませんでしたが、ラストに来てちょっとクスッとなるくだりがあり、観終わったあとには何とも言えない温かい気持ちになりました。
ここ数年の間に観た映画の中では、どの映画よりも見ごたえのあるものでした。

幹細胞コスメ効果

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2018 ステップステップ

テーマの著者 Anders Norén